オメガ3脂肪酸が花粉症や炎症に効果的であると言われている理由とは?

オメガ3脂肪酸には花粉症や炎症を抑える効果が期待できるとして注目されています。最近ではオメガ3脂肪酸が含まれてる食品も増えています。

オメガ3脂肪酸とはどういったものなのかと言うと、不飽和脂肪酸の一種であり、EPAやDHAなどの脂肪酸に分類されます。

血流をスムーズにしたり、精神安定といった体内のメカニズムを正常に働かせるのに重要な役割を持っています。また、アトピーなどの皮膚の炎症や体内の炎症、花粉症に効果を発揮してくれます。

オメガ3脂肪酸は体内で作り出すことができないため、食品やサプリメントなど外から摂取しする必要があります。

炎症は老化の原因にもなり、脳や血管、内臓など体内のあちこちで炎症が起こってしまう可能性があるのです。

オメガ3脂肪酸は炎症を抑制してくれるので、炎症抑制はもちろんですが、組織のダメージの軽減効果も期待できます。

炎症を抑えることはニキビやアトピー、肌荒れなどの肌トラブルにも効果的に働きかけ、改善へと導きやすくしてくれます。美肌をキープするためにもオメガ3脂肪酸は私たちの身体に必要不可欠と言えます。

オメガ3脂肪酸は花粉症のアレルギー症状にも効果的に働きかけてくれます。オメガ3脂肪酸の中でもDHAが花粉症のアレルギー反応を促進してしまう酵素の働きを阻害する効果があるため、花粉症の軽減につなげてくれるのです。

ビューティーオイルとも言われるくらい美容にも効果的なオメガ3脂肪酸、健康にも美容にも嬉しい働きをもたらしてくれるものと言えます。

 

コレステロールを下げる方法

コレステロールはたまると太ります。太ると体の中に脂肪がたくさんたまります。コレステロールがたまるほど太り続けます。コレステロールは何を食べると増える、何を食べると減るか、というのを紹介します。

まずコレステロールが増えるのは肉やタンパク質などの取りすぎです。その中でも特に脂身は増えやすいでしょう。簡単に言ってしまうと太るものはコレステロールが上がります。

何を食べても上がるんだ、という心配は不要です。コレステロールを下げる食べ物http://www.awte.org/もあります。それはトマトです。トマトに含まれる成分のリコピンは体の体内脂肪をエネルギーに変え、脂肪を燃やす働きがあります。

したがって脂肪の蓄積を防ぎ、コレステロールの上昇も抑えることができます。コレステロールが下がれば成功です。トマトを食べて体重が減っていれば成功です。太っているほどコレステロールはたくさんたまっているしだんだん体も危険になります。

もちろんトマトだけ食べればコレステロールが下がるわけではありませんが、毎食の献立の中に組み入れるといつのまにか上がっていたコレステロール値が下がっているかもしれません。